CHECK

お墓の目印として建てる石!?お墓を作ることになったときに役立つ墓石の基礎知識を紹介

こちらのサイトは、お墓に欠かすことができない石材でもある墓石について基礎知識を紹介しています。
目印としての役割を持ちますが、最近は黒やグレーなどの標準的な色合いだけでなく緑やピンクなどの色彩を持つ石材にも注目が集まっていて和型だけででなく洋風なものやデザインをあしらったものなどへの人気も集まっています。
また、各パーツの名称や竿石と呼ぶ一番上に設置される石に刻まれている家紋などについて触れているため参考にされることをおすすめします。

お墓の目印として建てる石!?お墓を作ることになったときに役立つ墓石の基礎知識を紹介

霊園はお墓の一つになりますが、公園墓地や寺院墓地・公営墓地など3種類があることをご存知でしょうか。
それぞれの施設では、墓石に制限が設けてあるところもありますし、墓石への制限がなく洋風の緑色の石材を使ったお墓を作ることができるところも多くなっています。
そのため、これから墓地の購入を検討されている人の中で従来の和型ではなく洋型やオリジナル墓石などを使いたいときには、各施設の制限事項について確認しておくと安心です。

墓石には故人の戒名・姓名・没年などが刻まれる

墓石は、お墓の目印として建てる石の総称です。
最近は樹木葬と呼ぶ自然葬を希望される人も多くなっているようですが、樹木葬の場合は植物が目印になります。
墓石には幾つかのパーツで構成されているのですが、その中でも一番上に設置されるものを竿石と呼びます。
竿石には故人の戒名・姓名・没年などを刻むのが一般的です。
先祖および故人を偲ぶ、遺された遺族が定期的にお墓参りに訪れるときの目印であり家族で一つを管理して墓地に墓所の使用権のための契約を交わすなどが必要で契約を交わすことで霊園やお寺などが管理してくれます。
なお、墓石に刻まれる戒名は、仏教において受戒した者に与えられる名前で、仏弟子になって戒律を守る証として与えるもの、現代においては死後に付けられることが多いのですが生前に仏弟子になった際に戴くもので生前にそれを頂いている場合は改めて付け直す必要はありません。
ちなみに、浄土真宗は戒律がないなどの考え方をすることから法名と呼ばれます。

平安時代の墓石は支配階級だけが持つことができた

墓石は平安時代の頃では支配階級の人々だけが持つことができたといわれているのですが、現代のように庶民に定着したのは江戸時代頃からといいます。
ただ、初めの頃は故人もしくは夫婦で墓石を持つことなく、現代のような形になったのは明治以降の家制度の確立がきっかけであり明治の半ば頃から少しずつ今のようなスタイルのお墓に変化したなどの歴史があります。
なお、最近は少子化により人口減少期に入っていて後継者不足や核家族化などからも永大供養を求める人も多くなっている関係からお墓を求める人も減少しているといいます。
永大供養の場合は、大きなお墓の中にそれぞれの骨壺を安置してまとめて一つのスタイルになるので墓石を一つずつ個別に用意する必要がありませんし、合同のお墓などからも土地を購入してお墓を建てるなどが不要になるので購入費用の節約効果と維持管理費を大幅に削減できる高価などもある、これも永大供養を希望する理由の一つになっているのではないでしょうか。

墓石に使用される石材は資源が限られていて高価なものも多い

墓石に使用される石は、日本各地にある採掘場から産出されるものですが地球上にある資源であると同時に資源には限りがある関係から徐々にその数は減少すること考えることができますし、資源が限られているので良質な石は高額なりがちですし入手が困難などのケースも少なくありません。
仮に、採掘された石材にキズや亀裂などが入っていると墓石のようなサイズの石材を切り出すことができなくなるので採掘においては丁寧にかつ慎重さが求められる仕事になると考えることができます。
基本的に、国産や輸入などに関係なく産出量が少ないものは価格が高額なりますし、種類により人気も変わるので人気度が高いものはそれを上回る金額で取引されることも珍しくないのです。
なお、人気を集める墓石は見た目がきれいなことはもちろん、耐久性が高くて有名な種類などの特徴があるようですが、お店に出向くことでどのような種類があるのかそれぞれの特徴やメリットデメリットなどを分かりやすく説明して貰えます。

竿石はお墓の一番上に設置される墓石の一つ

墓石には色々な部品となる石が使用されているのですが、竿石はお墓の一番上に設置された縦長の石です。
ここには先祖代々の墓や家紋、どのような家のお墓なのかを記している苗字と家の組み合わせの文字などが記されていて、背面もしくは側面などには戒名・姓名・没年などの情報が刻まれています。
一般的な墓石のサイズは7寸から8寸といわれていており、約21cmから24 cmが代表的な大きさですが、中には約30cm四方(1尺を超える大きさ)も存在しています。
サイズが大きくなることで墓石の価格も高くなりますが、これに伴い墓地の面積そのものが広くなるのでお墓の値段も高くなりがちです。
ちなみに、採掘場で採掘される石材は、キズなどがあると使い物にならなくなるので、サイズが大きい竿石などキズはもちろん小さな亀裂などはご法度です。
資源そのものが限られているので、標準的な大きさのものは採掘ができても1尺を超えるようなものは中々採掘できないなどからも価格が高くなることが分かります。

カロートは墓石の下に作られた納骨室

墓石の中でも、お墓の意一番下の部分で石碑を支える土台の石のことを芝台と呼びます。
芝台は、お墓を汚れから守ったり見た目を良くするなどの役割があるといいます。
石碑は、墓石の竿石・上台・中台・下台などの総称で、これらの総重量が掛かる部分になるのでしっかり作ることが地震の揺れからお墓の倒壊を防ぐポイントになるといっても過言ではありません。
なお、お墓には墓石の下に納骨室がありますが、納骨室はカロートとも呼ばれるものです。
一般的なお墓の場合は、納骨室の入り口部分は石の板で塞がれていて納骨するときには石の板を移動させて骨壺を安置することになりますが、隙間などから雨水が入り込むことからも蓋を閉めたあとはコンクリートを使って隙間を埋めるなどの作業が必要です。
この作業は、納骨後に葬儀社が指定している業者や葬儀社などが行ってくれます。
カロートは不思議な語感などのイメージを持つ人も多いかと思われますが、「かろうと」や「からうど」などの語源であり漢字では唐櫃と書きます。

墓石は国内産?それとも海外産?どちらが良い?

墓石を選ぶとき、品質は国内産の方が良いなどのイメージを持つ人は多いかと思われますが、これは必ずしもそうではなく国産の墓石には色々な種類がありますので、同じような予算で購入する可能な海外産の方が国産よりも品質が高いケースも少なくありません。
最近は、日本の中での墓石の産出そのものが減少していて建立が行われているお墓の大半が中国産などの割合が多くなっているようです。
費用がかかっても国内産を希望される人を除くと海外産の墓石を選ぶケースが多くなっていて、需要も国内から外国製へと変化しています。
ちなみに、耐久性は自国の風土にマッチしているなどの理由から耐用年数について比較すると海外産よりも日本産方が長めではありますが、日本国内のお墓で外国産の石材が使用され始めたのはここ最近の話、古くから使用されている日本製のものと比べたときにどのくらい耐久性が異なるのか、これについては未知になっている部分も多くあるので一概に海外産が良くない、日本産が良いとはいい切れません。

墓石の耐久性と共に確認しておきたい霊園の地盤

故人を火葬して遺骨にすると、基本的にお墓に納骨することになるはずです。
そのため事前に墓石などを用意しておかないといけませんが、耐久性に優れている商品を購入するのが大切なポイントになってきます。
長期的に管理していくことになりますが、途中でひび割れなどをしてしまうと大変なことになってしまう可能性が高いです。
ただでさえ墓石は料金が高くなっていますから、しっかりと数十年は耐久してくれる商品を選んで購入しないといけません。
新しい墓石を購入する場合は、設置するための費用などについても請求されることになるので、1度の設置で済むようにしておいたほうが結果的にお得です。
また墓石を設置する霊園の地盤についてもチェックしておくべきであり、地震に脆弱な地域に霊園がある場合は利用を避けたほうがいいかもしれません。
そのような場所にお墓を用意したとしても、地震などで倒壊してしまうリスクがあるので結果的に損をする可能性が高いです。

墓石を選ぶときは給水率が低いものを選ぼう

墓石を選ぶ判断基準には、見た目の印象やデザインのほかに水をどれだけ吸収するかというポイントがあります。
石材は採掘される場所や種類などによってそれぞれに性質が異なりますが、石が水を吸収する量も千差万別です。
石には目に見えない無数の小さな穴があり、吸水する量はこの穴の数や大きさで決まります。
一般的に、墓石に選ぶ石材は水の吸収率が低いものがよいとされていて、強度が高い墓石を選ぶ時の大切な基準となります。
お墓に使われる石は雨水にさらされたり、お参りの時に水をかけたりと水に触れる機会が多いですが、吸水する量が多いと、冬場に凍結して膨張することによって墓石が壊れてしまうリスクがあるからです。
良質な石材はキメが細かく、水の吸収率が低いことから、強度が高くて長持ちするメリットがあります。
石材を選ぶ時には、予算と見合わせながら石の圧縮強度、比重などにも目を配り、耐久性の面で後悔しないような石材を選ぶように心がけましょう。

国産の高級墓石を代表する庵治石本小松石はキメが細かい

石は砂の粒が集まった塊であり、一つ一つの粒がとても小さくてキメが細かいものは水がしみ込みにくい性質を持ちます。
墓石は日々自然の中でさらされた状態になるので、キメの細かさは吸収率が低く良い石材などのように評価が行われます。
国産の中でも高級墓石といわれている庵治石や本小松石(小松石)はキメが細かいことでも知られています。
庵治石は、香川県牟礼町および庵治町から産出が行われている花崗岩(御影石)、その中でも質が高いものが高級石材として使用されています。
神奈川県産の本小松石と並ぶ東西の石材の横綱などといわれており、花崗岩のダイヤなどのように呼ばれることもあります。
鉱物の結晶の粒が極めて小さいことや、緻密であることなどから一般的な花崗岩と比較すると石の硬さでもある硬度が高いなどの特徴を持ちます。
本小松石は、神奈川県の真鶴町で産出される質の高い安山岩で、山から切り出したときいは表面が赤褐色で研磨して表出する灰色から淡い緑色などの独特な色味であり、僅かに緑がかった灰色の石は高級とされます。

墓石の色はグレーや黒以外にも緑系やピンク系などもある

墓石と聞くと灰色や黒などのものが一般的ですが、最近はこれらの色だけでなく緑系やピンク系などの多彩な石材を目にすることも多くなっています。
日本の場合は黒やグレーが主流ではあるけれども、洋型と呼ぶ洋風の墓石は様々な色味を持つものがあるので故人が生前好きだったカラーのお墓を建てたいなど、このように考えるときにも魅力を与えてくれるのではないでしょうか。
比較的新しい霊園などの場合は、和型と呼ぶ和風の墓石よりも洋型の割合が多くなっていたり、その中には赤系や緑系などのお墓を目にすることも少なくありません。
周りが灰色や黒色のお墓になっているので目立ってしまうイメージを持つ人も、様々な色味を持つお墓がある霊園などの場合は違和感などありませんし、これが今風のお墓などのように考える人も多くなっています。
なお、色により値段が異なること高価なものもあるので、石材店の担当者の説明をしっかり聞いてから決めることをおすすめします。
また、石材店の多くが石のサンプルを見ることができるようになっているので、色や種類の比較を行いたいとき便利です。

昔ながらのお墓を選びたい人は和型墓石がおすすめ

現代の石碑は、和型や洋型・デザイン墓石の3つに分かれていて好みのスタイルでお墓を作ることができます。
和型は昔ながらの墓石で、江戸時代ころから存在しているなど古い歴史を持つ石碑です。
現代でも人気を集めていて伝統的で美しさがある、高級感も得られる墓石の種類の一つです。
また、古くから存在している形なので多くの石材店が取り扱っているため、石材の種類などが豊富で価格が安いところを見つけることがおすすめです。
ちなみに、価格が安いといっても品質を考慮することが大切なので相見積もりを作成して貰って値段と品質を考えながら良いものを提供してくれるお店を選びましょう。
昔から存在する墓石の形になるので、寺院はもちろん霊園などでも対応可能にしていることは多く洋型やデザイン石碑などと比べると対応しているところを探さなければならない、このような手間が掛からないメリットもあるのではないでしょうか。
昔から伝えられている伝統的なスタイルはどのような施設でも受け入れてくれる、このようなメリットもあります。

洋型はヨーロッパを中心に作られている石碑でモダンなイメージの墓石

お墓を建てるときには石碑の選び方を知ることが大切で、石碑には日本の中で古くから使われ続けて来た和型やヨーロッパを中心に使用され続けて来た洋型、完全オーダーメイドのデザイン墓石の3種類に分かれています。
ヨーロッパ調ともいえる墓石はモダンなイメージがあり、最近人気を高めていますが高さは和型と比べると低めなどからも周囲が和型の石碑が多く集まるような霊園や寺院墓地などではお墓の場所を探すのに苦労するのではないか、このように心配される人もいるのではないでしょうか。
高さが低くなるけれども横幅があるため、大きな地震が発生したときなど倒壊するリスクが下がるなどのメリットもあります。
なお、洋型の墓石は全ての施設で利用できるのか否かは確認しないと分からない部分、基本的に石材の決まりがない場所なら設置はできる、中には和型のみなどのように指定されていることもあるので注意が必要です。
ちなみに、お墓は生前に作ることもできるけれども、遺骨がないと申し込みができないケースもあるといいます。

オーダーメイドで製作するデザイン墓石もある

お墓を作るときに大切なのが石碑の選び方ですが、以前石碑は1種類しかないなどのようにいわれていたのですが、現在では時代の変化に伴い3つの種類があり、その中でも見た目にこだわりたい人々から注目を集めているのがデザイン墓石です。
これは、デザイン設計を行って完全オーダーメイドで製作を行う墓石になるため、世界に一つだけのお墓を建てたい人にとって魅力的な存在になってくれるのではないでしょうか。
他の石碑の種類でもある和型および洋型とは全く異なるデザインにすることも可能ですし、見た目をオシャレにするなどお墓を作りたい人の理想通りのスタイルになります。
好みのオリジナルの墓石を使ってお墓を作りたい人は、オーダーメイドで製作することで満足度が高まります。
なお、このような墓石を作る場合は石材店を選ぶことが大切です。
完全なハンドメイド品になるわけですから、通常のものと比べても料金は割高になるため、実績の確認と見積もりでの比較が重要です。

墓石は色々な種類の石材があるので種類豊富な石材店がおすすめ

墓石に使われる石材はあらゆる地域で切り出されるため、種類や石が持つ特徴などは千差万別です。
最近では、日本国内で切り出されるものだけではなく、世界中のさまざまな地域で採れる輸入石材を使用することもでき、デザイン性の高さや見栄えのよさなどから人気があります。
一方で、墓石の印象は石材選びで決まるといっても過言ではないため、国産や輸入ものなどのより多くの種類を取りそろえている石材店を選ぶことがおすすめです。
好みの色合いやデザインのほか、価格や墓石を設置する場所の気候などを知識が豊富なスタッフに伝えることで、より最適な石材を選ぶサポートをしてもらうことができます。
石材店に相談する前に、実際に霊園に足を運んで完成イメージをしっかりと確認しておくと、よりスムーズに選ぶことが可能です。
また、店舗のサイトやこれまでに利用した人の口コミなどを参考にして、質の高い商品を取り扱っていて実績が豊富な店を選ぶようにしましょう。

墓石に関する情報サイト
墓石の基礎知識

こちらのサイトは、お墓に欠かすことができない石材でもある墓石について基礎知識を紹介しています。目印としての役割を持ちますが、最近は黒やグレーなどの標準的な色合いだけでなく緑やピンクなどの色彩を持つ石材にも注目が集まっていて和型だけででなく洋風なものやデザインをあしらったものなどへの人気も集まっています。また、各パーツの名称や竿石と呼ぶ一番上に設置される石に刻まれている家紋などについて触れているため参考にされることをおすすめします。

Search